void
トップへ

休眠担保権の抹消登記は羽入司法書士 土地家屋調査士事務所へ!

サイトマップリンク
tel
トップページへ プロフィールへ 事業所案内へ お問い合せページへ アクセスページへ
不動産登記のページ
topimg
業務内容
相続・遺言・尊厳死
相続ページへ
遺言ページへ
尊厳死宣言ページへ
不動産登記メニュー
不動産登記ページへ
休眠担保権抹消ページへ
商業登記メニュー
会社設立相談ページへ
会社法人コンサルページへ
法律相談メニュー
賃貸トラブルページへ
各種法律相談
境界紛争・分合・地目変更
境界相談
分合筆・地目相談
遺言
 

昔、不動産に抵当権を設定したまま残っていて、抹消できずに困っている。
古い抵当権が残っている原因としてはいくつかのケースが考えられます。

①弁済は済んでいるのに、抵当権の抹消の手続きをしておらず、そのままになっている場合
②債権者に弁済したくても、債権者が行方不明で弁済ができない場合や抵当権者である会社が解散もしくは清算結了している場合など

本来であれば、裁判をして除権決定を得るべきところですがこのような場合のために休眠担保権抹消による、より簡素な手続が用意されています。抵当権がついたままですと不動産を処分する際にも支障となりますので、早めにお手続きをしておきましょう。

 

   
お問合せ
電話番号
  インターネットお問合せ先

羽入司法書士
  土地家屋調査士事務所

〒581-0013
大阪府八尾市山本町南1丁目5番21号 阪口ビル201
TEL:072-920-7176 FAX:072-920-7182
営業時間:平日9:00~18:00
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(c) Hanyu Judical Scrivener , Solicitor Office. All rights reserved.